豊胸手術ランキング HOME » 豊胸手術の基礎知識 » 豊胸手術で乳がんのリスクが高くなる?

豊胸手術で乳がんのリスクが高くなる?

乳がんとの因果関係は?検診は受けられるの?

ここでは、豊胸手術と乳がんのリスク、乳がん検診について紹介しています。

豊胸手術と乳がんの関係性については、様々な噂があります。ただの噂を鵜呑みにして、不安になったりしないためにも、事実をしっかりと確認しておきましょう。

豊胸手術で乳がんが発生する?

豊胸手術を受けると乳がんになりやすいと聞いたことはありませんか?確かに「胸に異物を入れる」ということで、がんになる可能性があるのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。

しかし、豊胸手術で乳がんになるという噂に医学的根拠はありません。

そもそも、乳がんは乳腺部分の細胞が悪性化したものです。脂肪注入・ヒアルロン酸注入・シリコンバッグ挿入などいずれの術式でも、手術に関係する場所は、乳腺よりも下の脂肪部分です。そのため、乳腺そのものに影響を与えることは無いと言われています。

ですから、豊胸手術を受けても乳がんの発生率が上がることはありませんし、今のところそのような報告はされていません。

乳がん検診が受けられなくなる?

豊胸すると乳がん検診が受けられなくなる、という噂もあるようです。

確かに、シリコンバッグを挿入している方はマンモグラフィが受けられないことがあります。これはマンモグラフィが胸を圧迫して撮影する方法のため、胸に入れたバッグが破損してしまう可能性があるからです。

しかし、マンモグラフィが受けられなくても超音波(エコー)・問診・触診などで検診を受けることは出来ます。中には、バッグが入っていてもマンモグラフィをやってくれる病院もあるそうです。

豊胸手術ができる病院では乳がん検診を行っている所もありますので、確認して受診することをオススメします。

また、脂肪注入やヒアルロン酸注入などは、もともと体内にあり吸収される物ですので、検診が受けられないことはありません。

しかし、画像では悪性腫瘍があるように見えてしまったりすることもあるようです。検診を受ける際には、医師に豊胸手術をしている旨をしっかりと伝えましょう。

豊胸手術と乳がんは無関係

今のところ、豊胸手術と乳がんに因果関係はありませんし、乳がん検診も受けることができます。

ですが何か不安に思うことがあるときは、医師とよく相談をしましょう。手術を受ける前に、詳しく調べたり説明を聞いたりして、納得した上で豊胸手術を受けることが大切です。