豊胸手術ランキング HOME » 必読!豊胸手術の基礎知識 » 費用目安

費用目安

豊胸手術にかかる費用の目安を、インプラント(バッグ挿入)・ヒアルロン酸・脂肪注入法に分けてご紹介しています。各手術法におけるバストアップ効果の持続期間も記載しています。

豊胸手術にかかる費用の目安

豊胸手術の料金はクリニックや施術の種類によって異なりますが、ここでは平均的な料金の目安をご紹介していきます。

豊胸手術には基本的に健康保険が適用されないため、費用は比較的高額となる傾向があります。希望や予算に合わせて、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

ヒアルロン酸注入
バストにヒアルロン酸を注入して一時的なバストアップを実現する豊胸術。使用するヒアルロン酸の種類・手技料などによって費用が変化します。一般的に、ヒアルロン酸の料金は1cc3,000~10,000円ほど。1カップのバストアップには50~80ccほど必要となります。ただし、ヒアルロン酸は時間が経過すると体内に吸収されてしまうため、持続期間には限りがあります(平均2~3年)。理想的なバストを維持するには、定期的な注入が必要となることを覚えておきましょう。

インプラント(バッグ)挿入
インプラント挿入とは、シリコンバッグなどをバストに挿入する豊胸術。費用はバッグの種類・サイズ・麻酔方法などによって変動しますが、60~100万円ほどかかるようです。クリニックによっては施術中にバストサイズをチェックできるサービスもありますが、オプションで別料金になる場合があります。プラス10万ほどかかるケースもあるので、希望する場合は確認を。

脂肪注入
身体の余分な脂肪を吸引し、バストに注入する方法。脂肪注入による豊胸術は、脂肪吸引+脂肪注入の費用が合計金額となります。クリニックによっては、脂肪吸引と脂肪注入の料金が別に記載されていることもあるので、注意してチェックしましょう。費用は脂肪吸引の範囲・注入量によって異なりますが、脂肪吸引・注入共に30~40万前後。合計で60~80万程度が目安となります。また、注入した脂肪がすべてバストとして定着するワケではないことを覚えておいて。

脂肪幹細胞注入
脂肪注入の一種。定着率を高めるために脂肪細胞の元となる幹細胞を抽出し、脂肪と一緒にバストへ注入する方法。注入量・技術によって料金は変動しますが、80~150万円ほど。こちらも脂肪吸引の料金を別料金として記載している場合があるため、注意して確認してください。

コンデンスリッチファット注入
脂肪注入の一種。石灰化(しこり)の原因となる不純物を除去し、濃縮した新鮮な脂肪細胞のみを注入する方法。特殊な技術が必要となるため、費用は高めの150~180万円ほどが目安。コンデンスリッチファット注入による豊胸はCRF(コンデンスリッチファット)協会の認定のクリニックでしか受けられないため、認定証があるかどうかをきちんとチェックして。

費用を見る際の注意点

豊胸手術は平均して高額になるため、つい少しでも安いクリニックを・・・と思いがちですが、あまりに安価すぎるクリニックは避けた方が賢明。安いには安いなりの理由があると考えるべきでしょう。しかし、高額であれば安心というワケでもありません。費用に見合う技術・実績・サービスがあるかどうかをしっかり見極め、バランスの良いクリニックを選ぶよう心がけましょう。料金を見る際にチェックしたいポイントは以下の通り。

  • カウンセリング・術前検査・アフターケア料金は含まれているか
  • 麻酔の料金は含まれているか
  • 追加料金の有無
  • 現金・カード・ローンなど、支払方法を選べるか
  • 保証の有無

不明な点があったら、納得できるまできちんとクリニックに問い合わせるようにしてくださいね。