豊胸手術ランキング HOME » 豊胸手術の種類を徹底リサーチ » 脂肪注入

脂肪注入

アップできる
カップ数
費用相場 持続期間 適した体型
0.5~2カップ 60~100万円 長期 普通~
ふくよか

胸への脂肪注入による豊乳手術の特徴や術式の流れ、バストへの生着率などを解説しています。

自然な柔らかさを得られるなどのメリットや、治療時間が長いなどのデメリットについてもクローズアップしてご紹介!

脂肪注入による豊胸手術の特徴と治療の流れ

脂肪注入による豊胸手術とは、腹部・臀部・腰部・太ももなど、身体にある余分な脂肪を吸引してバストに注入する方法。

自己由来の脂肪なのでアレルギー反応などの心配が少なく、自然な柔らかさが特徴。シリコンバッグなどの挿入に抵抗感がある方にも向いています。

脂肪注入の豊胸手術は、一般的に以下のような術式で行われます。

脂肪吸引

気になる部位から、脂肪を特殊な吸引管(カニューレ)を使って吸引。

脂肪の注入

注射器を使い、吸引した脂肪細胞を大胸筋下・大胸筋内・乳腺下・乳腺内・乳腺周囲などに注射器で少量ずつ注入していきます。

まとめて1ヶ所に注入すると、石灰化(しこり)の原因になります。

脂肪の吸引量・注入量によって手術時間は変化しますが、脂肪吸引に約60分・麻酔処置に20分・バストへの脂肪注入に30分程度かかるようです。

術後のケア

日帰りは可能ですが、リカバリールームなどで術後の経過をしばらく観察してもらった方が良いでしょう。

注入した脂肪細胞は、しばらくすると毛細血管が入り込んでバストに生着。生着しなかった細胞は、体外に排出されます。

生着率には個人差があるため、バストアップの効果は人それぞれ。平均的な生着率は40~50%ほど、バストアップの目安は1カップ程度です。

脂肪注入のメリット

  • 身体の脂肪を使用するため、自然な柔らかさが得られる
  • インプラント挿入など、異物による後遺症の心配がない
  • 脂肪吸引による部分痩せ効果が得られる
  • アレルギーや拒否反応などのトラブルが少ない
  • ダウンタイムが少ない
  • 切開しないので傷跡が残りにくい
  • レントゲンやCTなどにも写らない
  • 術後のマッサージ等のケアが必要ない
  • 出産後の授乳にも影響を及ぼさない

脂肪注入のデメリット

  • 施術時間が長い
  • 脂肪吸引・注入と2段階の施術が必要なため、費用が高額になりがち
  • 多くの脂肪を注入しても、生着率が悪い場合はバストアップに繋がらない
  • 注入した脂肪細胞が、石灰化してしこりになることがある
  • 脂肪吸引によるリスクがある(身体の凸凹や内出血など)
  • 痩せ型の人は、必要量の脂肪を吸引できない可能性がある
  • 貧血・高血圧・心臓病・糖尿病・がんなどの疾患を持っている方、妊娠・授乳中の方は施術を受けられない