豊胸手術ランキング HOME » 豊胸手術の種類を徹底リサーチ » PPP+PRPジェル注入

PPP+PRPジェル注入

切らない豊胸手術として効果のある施術法「PPP+PRPジェル注入」の特徴について紹介しています。アレルギー反応が少ないなどのメリットや持続時間などにおけるデメリットについてもまとめてみました。

血小板を使用する「PPP+PRPジェル注入」の特徴と効果

「PPP+PRPジェル注入」は、血小板を使ってバストアップする施術法です。「PPP」は少血小板血漿のこと。「PRP」は多血小板血漿のことを指します。

PPPは、豊胸手術以外の施術でも採用されています。ほうれい線などのシワやくぼみに効果があるため、顔の施術に使うこともあるのです(PPP(プラズマジェル)注入法)。この施術法は、効果に即効性があることで知られています。

また、PRPを使用した「PRP皮膚再生療法」は、多血小板血漿を注入。皮膚を再生し、活性化を行う施術法です。PPP注入法と異なり即効性はありませんが、効果はPRP皮膚再生療法のほうが高いとされています。

豊胸手術「PPP+PRPジェル注入」では、PPPとPRPを組み合わせる事により、相乗効果を図ります。施術は以下のような術式で行います。

  • 血液採取
    施術では血液を採取し、遠心分離機にかけてPPPとPRPに分けます。
  • ジェル注入
    PPPとPRPに特殊な熱処理を加え、ジェル状になったものを皮膚に注射器で注入するのです。
  • 術後のケア
    採血による吐き気やめまいなどを避けるため、水分をたっぷり摂る必要があります。血行が良くなる入浴やサウナ・激しい運動などは、内出血や腫れに繋がることもあるので、控えるようにしましょう。
    この施術法は、PRPの中の成長因子が脂肪細胞の成長を促してくれるため、ふっくらとした美しいバストに仕上がるのです。この施術法は、十分な脂肪が確保できず、バスト脂肪注入が難しかった痩せ型の方にもオススメです。

PPP+PRPジェル注入のメリット

  • 自身の血液を使用するため、アレルギー反応が起こりにくい
  • 自身の血液注入により、自然な色味と柔らかさになる
  • 傷口が小さくて済む
  • 施術直後から効果を実感できる
  • ダウンタイムがほとんど無い

PPP+PRPジェル注入のデメリット

  • バストアップ効果は約3~6ヶ月
  • 効果には個人差があるため、場合によっては内出血や腫れなどの症状が現れることもある

PPP+PRPジェル注入は、デメリットが少ないですが、医師の腕が重要になるデリケートな施術法でもあります。施術を受けるなら症例数の多いクリニックでの施術をオススメします。まずはカウンセリングを受けてみましょう。