豊胸手術ランキング HOME » バスト整形手術の種類 » 乳頭/乳輪縮小

乳頭/乳輪縮小

このページでは、バスト整形手術である、乳頭や乳輪縮小についてまとめています。

乳頭/乳輪縮小手術とは?

バストの悩みは多種多様ですが、乳頭や乳輪については、クリニックへ以下のような希望が寄せられます。

  • 乳頭…もともと乳首が大きく、悩んでいるので、小さくしたい。また出産後、子供に母乳を与えていた結果、乳首が垂れ下がるように変形してしまったのを、直したい。
  • 乳輪…もともと乳輪が大きく、乳首を含む部分が目立つので、矯正したい。

もちろんクリニックには、対応施術が用意されています。

その施術法や費用例

クリニックで行われる、それぞれの施術法について、詳細を見ていきましょう。

★乳頭縮小

乳頭の両サイドを数ミリ程度の切開し、乳頭を縮小します。確実性が高い手術で、傷痕も目立ちにくいというメリットがあります。

技術の低い医師に依頼して血行や乳管に支障が出ないよう、注意してください。

術後の通院としては、翌日のチェック、10日~2週間後の抜糸などがあります。入院の必要はありません。

  • 手術時間…1~2時間程度
  • 費用平均額…片側18万円程度
  • 麻酔…局所麻酔
  • ダウンタイム…腫れが2週間程度。当日のシャワー浴、翌日からの就労が可能。

★乳輪縮小

バストの中心部分の皮フを切開/切除して、縫合する手術です。これにより、乳輪の直径を小さくします。

縫合に技術を要するため、美容外科・形成外科の認定医に依頼するのがベター。単純な縫合法だと、数ヵ月後に元に戻ってしまったり、傷跡が目立ってしまうことがあります。

カウンセリングの際にきちんと話し合い、上記のような懸念点に対し、対策を持っているかを確認してください。

術後の通院としては、翌日のチェック、約1週間後の抜糸などが考えられます。入院の必要はありません。

  • 手術時間…1時間半~2時間程度
  • 費用平均額…片側18万円程度
  • 麻酔…局所麻酔
  • ダウンタイム…腫れが1~2週間程度。翌日のシャワー浴、就労が可能。飲酒や運動は1週間程度控える。また乳首への強い刺激は1ヶ月程度避ける。

体験者の声

乳首縮小手術を受けましたが、痛いのは術後2~3日だけで、すぐ傷跡もわからなくなりました。

術後の乳頭の感度ですが、私の場合変化ありませんでした。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、カウンセリングで先生にきちんと確認することをおすすめします。

乳輪を内側から一回り切り取りました。傷跡はほとんどわからない程度。とても満足しています。

乳輪縮小の手術をしてもらいました。ちょっとチクっとしただけで痛みもないし、他の人よりちょっと大きいかな?と思う程度にまでしてもらえました。